生まれた季節によって人生のバイオリズムが大体決まる

スポンサーリンク

前に生まれた月から3か月周期で運命のバイオリズムがある記事を載せましたが、

もう一つ生まれた季節によっても人生の運の周期が決まるそうです。

例えば生まれた季節が春だとすると、

幼年期は春の日差しのようにポカポカと周りから愛されてすくすくと育ち、

青年期は夏の太陽のようにギラギラと刺激がある青春を送り、

中年期になると実りの秋のように豊かな生活、富を得て、

壮年期から老年にかけては秋枯れして厳しい冬に差し掛かるように寂しい厳しい状況になり、

運命の回復の兆しを見せたころに人生の終わりが訪れる。

といったような流れです。

勿論生まれた環境や本人の努力によって変動するにしてもレヴェルを上げることはできるでしょう。

自分の場合、秋生まれなので小さい頃はよくても青春期が真冬という、本当に当たってるなあと思います。

社会人なりたての頃、溝の口駅前の路上占い師に

「あなたは家族運がない、一生独身でしょう。」
と言われた僕が冬の季節を抜けるタイミングの年齢で結婚できたので客観的にも当たってると思います。

(主観的には一体いつ冬から抜けるんだよって感じはありますが)



親の人生を見てみても丁度(人生タイムライン上の)夏から秋にかけて持ち家、持ち土地を得ていますし、冬のタイミングでは結構苦労しています。

このブログ御覧になっている方で今が苦しいという方がいたら生まれ季節からの人生タイムライン上で冬のタイミングでないか振り返ってみるといいかもしれません。

冬はそのうち春になりますからもう少し辛抱すると運勢や環境が上昇すると思います。

今が夏や秋の方がいたとしてもありとキリギリスの寓話よろしく今準備しておけば平穏に冬を越せると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大