これからの特亜3国の行方はどうなるのか

スポンサーリンク

今までの未来人たちの予言と現在のアジア世界情勢を絡めて考えていくとこの世界線上で特亜3国がどうなっていくかなんとなく予想がついてきた。

まあ、これから下の記事は私の夢の中のお話し、ジョークです。

いよいよ我らが2062先生の言われる通りになっていきそうである。

Q.韓国・北朝鮮はどうなってるの?日本周辺の国で国境に大きな変化を生じた国は有りますか?
A.韓国・北朝鮮は存在してない。 一時、中国自治区になったが今はロシア。 国境に大きな変化を生じた国はインドだな

との御宣託であったが、

最近ジョン恩さんが中国参りをして、K国の政権がかなり北に寄せた政策をとってきている。

トランプさんは経済戦争辞さじとしてここに来て急に関税障壁を強化した。

シナリオとしては

中国の後ろ盾により北主導で半島を統一。だが表向きで実際は中国の傀儡国家となる。

米国の非難声明文が出され、中国含めた資源輸出締め付けのさらなる経済制裁へ・・

北の核が自分の物になった気になり、気が大きくなった反日感情世論は核を使って日本を攻めようという機運が高まる。(裏にはシナが)

・・・そして悲しいけどこれ大戦へ

来月はトランプ&ジョンの対談が行われる予定。

まあこれはシナリオの打ち合わせと確認でしょう。

現代の規模の大量の物資や人間を動かす戦は対戦国両方の協力がなければ始まりません。

(実際には国を超えた勢力間利害関係の影響のほうが多きいのだが)

そして始まった時には勝敗のシナリオはできているのです。ジョンは

スヴァールバル諸島で余生を送るのでしょう。警護には米国が就く(そのために2016年に条約に加盟して土地購入完了している。スヴァールバル諸島は南極大陸と同じく特定国の統治下にない一種の自由圏となっている。世界混乱後の食料の主導権を握るためと推測されるビルゲイツ財団の全植物の種子の貯蔵施設もある。)

条約加盟国の国民は、ノルウェーの入国管理税関の審査を受けず、査証無しで入島できる。また徴収された租税は諸島内だけで使い、ノルウェー本土への流用を禁じている[1]

wikiより

尖閣諸島、南沙諸島の侵攻と呼応して半島でも動きがあり同時攻撃してくるものと思われる。

核はないもののノドン等が列島に飛来する確率も高い。(例のイルミカードの横浜と思われる場所での着弾があるのはこのときでしょう)

その後は2062さんに沿って進行していってインド軍とかも出張ってくるだろうと思われるがもう少し現実の世界線進行を見守る必要がありそうだ。

個人的にはやはりこのあたりから都市圏からは離れたほうがいいと思われる。

そんなわけで一番いいのはネット収入でまとまった財産作ってしまうことなんだが。。

まーだ会社内でのごたごたとかやっている自分としてはどうにもならない。

最近では自分の運を信じて結構思ったこと口にだしたりメールしたりしてるけどなかなか思い通りにはいかない。

正直最近アファメーションに疑問を持ってきてる。

そして自分やはりメンタル弱いわー。嫌なことがあると余裕で1週間は引きずる。

不思議なことにFXで利確できると仕事で嫌なことがあり、損すると仕事はすんなり行く。これを関連付けて考えてはいけないのだがどうしても生来のオカルト好き体質で運のバランスなんて考えてしまう。

あと自分はよく前の自分の言動を思い返しては「バカだなあ」と頭のなか、あるいは独り言でつぶやいてしまうのだが、できるだけこれを「かわいいね」と言い直すようにしている。

昨日偶然コマベチ氏のyou tube 見ていたら、「成功するにはできるだけ自分をほめろ、人はほっておくと自分を自分でけなしてしまう。」というのを偶然か普段のアファメーションの成果なのか見たので、読者様もできるだけ心の中でも独り言でも自分を讃えてあげましょう。

はい今日は夢物語とジョークでした。(なんだかまとまりなくなっててすいません)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大