私はこうしてお金と時間の自由を手に入れた。なにもしなくても月に○百万円入るシステムを作った。っていうけどさ

スポンサーリンク

私はこうしてお金と時間の自由を手に入れた。なにもしなくても月に○百万円入るシステムを作った。---こんな題名とともに。こんな写真があって、

昔は借金に苦しんでいた私でしたが、現在はお金と時間の自由を手に入れました。
なにもしなくても月に300万円手にするシステムを構築して今は行きたいところに自由に旅する自由な生活をしています。。
今日はみなさんにどうしたら私のような状態になれるのかお話ししたいと思います。。。

こんな出だしで始まるブログやyou tube 。

内容は、

会社員に属していても会社に依存しているだけだし、時間を搾取されているだけとか

まず感謝しよう、全て自分に起きる出来事には意味がるんだから。

自分が成功した姿をありありと想像して引き寄せよう。

雇用される側では上に上がれない、まず事業主にならなければいけない。

世の中のお金を得る方法はESBIに分けられる、BIの側に移らなければお金と時間から自由になれないラットゲームを続けるだけ(ESBI:金持ち父さん)

ふむふむなるほど、尤もだ。俺も自由になりたい。だけどどうすればいいの?それを知りたくてyou tube のチャンネル登録したり、メルマガ登録したりしますがどこまで行っても・・

今与えられた仕事で全力をつくそう。成功するまで頑張った者が成功者だ。

まずは与えることです。先に与えて集客してから回収方法を考えるのです。

とかばっかり抽象的な話ばかりで一向に具体的な金儲けについての話がでてこない。(早く与えてよ)

せいぜいが

ネットを使うビジネスがネットビジネスです。ネットビジネスは元手がほとんどかからないので素人が始めるのに最適です。

ネットビジネスはブログ、YOU TUBE 、アフィリエイト、物販等があります。

ブログはとにかく記事を増やすことが大事です。

とかぐらいまでしか言及せず。そのうち

情報を得るのに金を惜しんではいけません。自己投資が一番重要です。
株やFXへの投資は損することもありますが、自分自身への投資は損することはありません。

みたいな論調になっていって最後は各々の有料セミナーとか有料メルマガ、情報商材とかに誘導されて終わり。

これこういう「成功啓発ジャンル」のブロガーとかチューバーとかって本当に実業で成功してる人って1割くらいのもんじゃないのだろうか。本当は金儲け具体的に知らないのに結局金のにおいに集まってきた人からの集金だけが目的なのでは?。金払う人こそ「貧すれば鈍す」を地でいってしまう状態。

なんか成功してる人はアフィリエイトとかで月に数百万稼いでるとかいうけど

せめて具体的にその稼ぎ出しているアフィリエイト記事の一つもリンク貼っていてくれたらいいのにそれもない。(やはりはったりなのか?)

ここ数か月、暇なときに調べたなかで貼ってあったリンクは唯一

http://レンタカー当日.com/

これだけでした。(なんと良心的)これで最高月に40万円稼いでいたとか(す、すごい)

(この主はアフィリ塾も開催してたようですが今はもう募集してませんでした。この人の塾には金払ってもいいのに)

でも本当に稼げるサイトを作ったとしても秘密にしたがるその気持ちもわからなくはない。

なぜなら稼げるという情報がわかればあっという間に競合が集まってきてしまう。

”レンタカー 当日”でググッてみればわかるが、主がオープンにしてしまったからだと思われるが沢山パクリサイトがでてくる。

しかも私が2週間前に検索したときは上記のサイトが1ページ目に表示されていましたが今みたら2ページ目になっててしかもパクリサイトのほうが上位表示されてしまっている。

今やブロガー量産時代。ブロガー弱肉強食時代ですな。

さて元に戻りますが本当にネットビジネスで月に数百万稼げるのか?というと計算するとわかりますが十分可能だと考えます。

条件としてはブログであれば月に数十万のPV(HPを見られること)を稼げていれば十分に可能です。このブログの少ない集金率とPV数から計算すると確かにそうなります。

ブログはそろそろオワコン、これからは動画メディアだなんて話もでてきてますが、まだまだ行けると思います。もちろん動画メディアも並行してアップしていければそれに越したことはないですが。

あと気をつけなければいけないのは確かにサイト作ってしまえば見た目自動でサイトが稼いでくれますが時間とともに収益が悪化するのでやはり日々の積み重ねがないとだめなようです。

ネットビジネスの本当の敵は自分自身なのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大