1000回つぶやきアファメーションやってみた。

スポンサーリンク

100均でカウンター買ってきたので1000回つぶやきアファやってみました。

セリフは

「どんどんお金が入ってくる」

「とにかくお金が入ってくる」

「なぜだかお金が入ってくる」

「お金がバリバリ入ってくる」

「ガンガンお金が入ってくる」

「ジャンジャンお金がはいってくる」

「たくさんお金が入ってくる」

こういった言葉をカウンターカチャカチャクリックしながら言います。

数稼ぎたいので一番短くなるフレーズに、自然となっていきます。

そしてリズムに乗ったフレーズだと上記のような言い回しに自然となっていきます。

具体的には

どんどんッ↓お金がッはいってくるっ!

てな感じで歌うたうように抑揚つけてリズムつけて言うとトランス状態のようになって効いてる感じがします。

30分で1067回でした。

今まではたまにシャワーの時とかにつぶやくだけだったんですが、改めて正式にカウントしながらやってみると。。。

これは正直しんどい
口からはつばが泡状にでてくるし、お湯のみながらやっていてももう思ったよりカウンターが上がらないし、大日本印刷でカウンター見ながらラインのバイトやってたことを思い出しました。
他にも走馬燈のように過去の出来事が思い出されました。
軽いトランス状態です。(だがそこがイイ)
またカウンターを親指で押すだけなのにこれが疲れるんですね。
片手親指だけで押すと痛くなるんで指変えながら持ち手もかえながらカウントします。
”モガデシュの戦いでソマリアにヘリ降下して一人数千発撃ちまくった米陸軍レンジャー部隊の人差し指はもっと大変なことになってたんだろうなあ”とか妄想がわいてきます。
created by Rinker
PLUS(プラス)
¥1,138 (2019/10/13 05:12:02時点 Amazon調べ-詳細)
しかしこれでアファメーションうまくいかないという人がなぜ出てくるのか分かりました。
単純に続かないから
ほんとに人間ってすぐ飽きる生き物なんですね。
もしくは1000回ファメーションの記事を読んで頭でわかっても実際に実行に移す人は少ないんだと思う。
逆に言えば
そこをやり込めば選ばれし者になれる!
全くアファメーションとブロガーは良く似ている。
継続できて始めて土俵に上がれるのだ。
この現実を書かないアファブロガーはエセじゃないのかと思ってきました。
よく言われる、3か月これを毎日続けるとか
人間じゃねえっ(*^_^*)
いやー、それはそこまでできる人はもうすでに才能ですよ。それは成功できますとも。
だがしかし、
フフフ、愚直さでは負けねーぜ、
新人の頃一所懸命やすり掛けしてた時
「○○君よくこんな地味なこと続けられるねー」ww
なんて当時の課で一番のお荷物社員から言われたのは伊達じゃねーぜ。
効果はまた後で報告いたしたいと思います。
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大