昔からある願望実現本にあった引き寄せのいろんな方法。

スポンサーリンク

実は私は結構昔から願望実現の本を読んでいた。最初は1984年くらいか、謝世紀という人が書いた数冊の本。後はナポレオンヒルの”思考は現実化する”の和訳本くらいしか今の引き寄せ関連の情報はなかった。

それで受験前後に掲示板に自分の受験番号が乗っかって喜ぶ様を想像してたりしてたんですが、2年連続落ち。。でも今考えると受からなくてよかったかもしれんと思ってます。物理学科だったんで卒業しても教師しか選択肢なかったと思う。自分はとても教師とか人にばりばり関わる仕事できないしね。

ちなみに最近2chで見かけたんですが、受験が終わってからいくら引き寄せ想像しても、ある程度試験の出来が予想できる状態では無駄じゃないかと思ってたんですが、学校で試験答案なくしてしまって合格になったという例があるそうです。(そんなことよくリークしたな)なので試験が終わった後でもあきらめずに想像するのは無駄ではないそうです。

大幅な世界線ジャンプできればまさかがおきるかもしれませんし。(そのときは周りの人の構成が変わっているかもしれません。)

自分は1年浪人しましたが、共通一次(今のセンター試験)は2回目のほうが点数低かったです。浪人しても学力が上がるほうが珍しいなんて当時の高校の先生が言ってましたが本当だなと思いました。
幸い2年目は私立の試験が良かったので3校くらい受かって浪人は1年で終わりました。でもこれも運なんですよね。現役の時、担任が薦める国立受けてればスラスラ解ける問題だったんで浪人はしてなかったと思います。後で試験問題本見たとき分かりました。
受験生の方は経験者である担任や塾の先生の言うことは真面目に聞いといたほうがいいですよ。意外と彼らは的確です。なにせ失敗例も成功例も見てきてるんですから。

そんな私は当時からその手の本が好きで読んでいたんですが、今思うとこれは効いたなーって方法が”車の中で大声でなりたいことほしい事を叫ぶ”ってのがあります。まあ「彼女がデキルー」ってよく叫んでたんですが1,2年くらいで実現したんでこれは効いたと思います。

武道とかでよく気合いを叫びながら技打ち込んだりするじゃないですか、あれは気合入れてる間だけ無心になって恐怖心や緊張が消え、スムースに体と脳が動くかららしいです。引き寄せも余計な思考を乗り越えて潜在意識への刷り込みが大事だと言われているので大声で叫ぶのは効くと思います。ただ普通の生活では下手すると通報案件になるかもしれないので密閉した車の中で音楽かけながら(しかも走りながら)叫ぶのが有効です。今でもたまーにやります。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大