全ては運で説明できる

スポンサーリンク

学生時代、高田馬場の学生会館で紹介される1日~1週間の単発のバイトをよくしていてそこで出会った人ですが、世の中の全て、人生とか、全ては運だ。と力説する人がいました。

よく努力して成功をつかみ取ったとかいうけど努力できる才能や環境に恵まれたのも運だからと。

金持ちや貧乏な家に生まれてしまい、その後楽するのも苦労するのも運。

あとその人の友達でフェラーリ乗って大学に通ってくる奴がいて、勿論金持ち、モテモテなんだけどその人と友達になれたのは俺は運が良かったとか言ってました。
兎に角重要なのは運の良さなんだと力説してました。

学生会館で紹介されるバイトではいろんな人の話聞けたのは良かったです。当時はまだバブル真っ盛りだったので銀行に内定が決まった人がリア充全開の話をしてたりしました。

上場会社に入ったけど上司と喧嘩して勢いでやめてしまい、荷物運びのバイトしてる人から会社入ってもカッカするなよ、俺みたいになるぞ、今はすごく後悔してる。とか言われたり。でも当時バブルだから再起できたはずなんですが。。

そういえばこの関係のバイトで会った人と、学校の後輩から舘ひろしと早見優が救急車で運ばれるのを目撃したと聞いたことがあります。両者には繋がりなく、まだ話が全然世の中に広まっていないときだったので例のあれは本当ぽいです。

また、この運の話と似てますが、全ては才能だという人もいましたね。才能あっても努力しないと生かせないとか言うけど努力できるってのも才能だよなとは私もよく思います。

中でも特に需要なのは社交性という才能だと思います。立ち回りのうまさと言うのか。

アドラーのいう、人の全ての悩みは人間関係である。まずこれから開放されるのから始まり、スルスル人の間を縫って世渡りできるなら楽して良いことずくめになれるし。しかもこの才能、シベリアの奥地に一人でワープでもしない限り、時代や場所を問わないというオールマイティパワーがあります。

話は戻りますが、時々この全ては運という人を思い出しては私は運をよくする努力をするのでした。
ではまた後で。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大