ローン、妻子ありの私が会社辞める決断

スポンサーリンク

久しぶりの更新となりましたが、相変わらず鬱な日々が続いております。

最近はスカイリムもやる気力が起きませんでした。やばいです。

朝の電車はいつもドヨーンと鬱なんですが会社につくと忙しくてなんとかやれてしまい、疲れて帰るの繰り返し。

会社は辞めたいです。ただ私にはローンと妻子がおります。これが会社辞める決断に大きく足止めを食らわせております。

もうお盆休みに入っているのですが、物理的に会社からほんのちょっとだけ離れているにも関わらず、家にいても「ああ、もし自分が独身だったらもっと簡単に思い通りに生きていけるのにな」という思いが沸き上がり、わりとマジに鬱になっています。家族と会話しても自分自身イラついた口調になってしまっています。ごめんな家族よ。

とにかく自分の自由にできないことが苦痛です。今の課長もほんと思ったよりはるかに器が小さくてさらに上の人々のいいなりで制限ばかりかけてきてストレス、もやもやばかりたまります。

まあ最近ではどこの会社にもありがちだと思いますが、無理なスケジュールと分量の仕事を振ってきてるくせに、残業するな、下請け会社に仕事状況の確認や指示にいくなと制限かけられます。(実際にはそこで出張代をけちったおかげで後修正で余計な経費と苦労が発生するのですが実際に作業しない人はご自分の体裁だけが大事らしい)

上にハイハイ言って責任と苦労を全部下に投げてしまう。

そのくせなにか問題が起こった時、うまくいかないときには全部担当者に責任と処理を押し付け、自分は遠くに行ってしまう。

 「これでどうやって仕事こなしていきゃいいんだよ!」

この状態だと先のことを考えると不安感しか湧き上がってきません。

ついさっきまでネットでどうしたら会社辞める決断をできるかいろいろと調べてみました。その中に

”仕事が辛くても期限のある辛さならば耐えることができる”

という名セリフを見つけました。

それで私が会社を辞める条件を考えて見ました。

1.ローンを完済する。

2.1を終えた状態で貯蓄が800万円ある。

これはなんとか2年くらいは食いつないでいけるだろう額です。その間に収入手段を構築するなり再就職をするなりする予定.

3.月に50万円の収入手段を獲得する。

これは1,2、が満たされていなくとも50万円の収入手段が得られればGOです。

とにかく上記の条件がそろえば必ず辞めます。もう、オートで辞めます。そう考えることでひとまず心が軽くなりました。

まあ正規定年まで10年もないんだからという考え方もありますが、それだと逆に希望がないのです。今の鬱状態ではあと○年もあるのかよ(絶望)という気持ちが勝ってしまいます。

もちろん時がくれば条件は自動で見たされますが、上記条件を満たすことであればどっかでうまく転んで早まる可能性もあります。ここで希望ができてすこし気持ちを取り戻せるのです。

ところで最近は引き寄せ界隈で有名な小林知央さんのyou tubeを見ることが多いです。その数ある動画の中で今の自分に刺さったことを書いておきます。

「人をコントロールすることは、これははっきり言ってできません。無理です。」

「何かをするにはコミットメント(決断)することが大事です。」

「現在、自由な生き方を手に入れるのに最適な手段はインターネットを使うビジネスです。」

(具体的な代表選手はアフィリなんですが)

今までは意地でも情報商材なんか買うもんか、だまされんぞと思ってましたが、今は小林知央さんの情報商材を買おうかどうか迷ってます。

けど情報商材って最高の収入手段ですよね、物を動かす時に発生するようなトラブルを気にすることなくメールやネットをいじるだけで、自宅にいながら、あるいは旅先でも稼げる。ウシジマ君にも登場するわけだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大