なんか最近急に新しいUFO宇宙人関連情報が増えた?

スポンサーリンク

最近YOU TUBE 閲覧してるとここのところ急にNASA開示(実際にNASAのHPを見てるわけではないが)のUFO、宇宙人情報が増えている。

これは私が単に気づかなかっただけなのか、世界線を渡ってしまったからなのか

こんなやつとか(この人は進化した人類で時間さかのぼってきたようです)

こんなやつとか

これとか(これはありえますね、星の内部のほうが絶対環境は安定してるでしょう)

なんだろうかこれはいよいよ異星人あるいは変異してしまった未来人が我々の前に大々的に姿を現すための前ふりなのか。

一方でオカルト界では影の政府が人々を支配する為の最後の仕上げにプロジェクトブルービームといって異星人降臨、あるいはメシア降臨のホログラムを全世界的に見せてだますのだという説がある。そのための誘導暴露の線もあり。

日本人でもほんの上層部の人間は本当のところの情報を握っているかもしれないが我々一般紙民はどうしたらいいのだろう。

私の見解としては

自分の感を信じる

まあこれしかないでしょう。

異星人は未来人がきていると考えるのが妥当です。

確かに宇宙は広いので人類以外の知的生命体がいても全く不思議ではないですが時間的な合致性も重要と考えます。長い宇宙の時間の中で同じ時間に両者が存在して初めて異星人接近遭遇ができるのです。

文明が進化していくというのは生活を楽にしていくってこととイコールだと思います。

それとより自由を求めていくこと。

つまり働かなくて好きなことに没頭するだけで生きて行きたいので生産性をあげたり自動化していく。痛いのや死ぬのは怖いから痛くなくなったり死なない方向で科学が進歩していく。

これを突き詰めていくと・・・・・

肉体があるから苦労が生じる。

重力に縛られ、暑い寒い、食わなきゃいけない、トイレも必要、ベッドも必要。金も必要

じゃあ肉体がなくなって意識だけにすればいいじゃん。

意識だけになって好きなことや快感に没頭してればなにも問題ない

どうしたってこうなりますよ。

おそらくですが新たな世界線を各々が構築して各々がその世界の神的なものになれる。

ここまで発達してくんじゃないでしょうか。

そうするとある一定ラインまで文明が発展するともう異星人の実体そのものがなくなってしまう。そうなると地球人のように物理的肉体を持ってる種族との接触をすることもありません。

また人類文明はここ4千年くらいで3次曲線くらいに急カーブを描いて発達してきてます。

このcisさんの資産曲線のようなペースで進めばあと2千年くらいしたらみんな自分の好きな世界を簡単に構築できるとこまで発達するんではないでしょうか

つまり文明が始まって6000年で意識体だけの存在に進化するとすると宇宙の年齢90億年から計算すると150万分の1の時間です。

つまり他惑星に知的異星人がいたとしても時間的な共存率も(1/1.5x10^6)^2で2兆2500億分の一という、両者が遭遇するのはほぼあり得ない確率になってしまいます。

ならば未来人が現在の地球に訪れてると考えるほうが真っ当です。

あと月がいつも同じ面しか地球に向けてないのはこれは起き上がりこぼしと同じで「月の重心が偏っていて密度が高くて重いほうの面だけを地球に向けているから」説がすっと納得できます。ちなみに土星や冥王星等にも公転周期と自転周期が全く同じ衛星が存在していることからも単純な起き上がりこぼしの物理法則に則っているからと考えるのが妥当でしょう。

ちなみに私はビッグバン否定派です。

何もないところからいきなり宇宙が発生したというのは直感的に受け入れられないから。ww

実際やったのかどうかわからないとのことですがピサの斜塔から鉄球と木の玉を落とした場合も民衆が直観で思っていたように厳密には鉄球のほうが万有引力の法則により早く地面に到達してますからね。

直観は大事ですよ。

ホーキングさんとかアインシュタインさんとかの言ってることもなんかマスコミ推しで広まらせてる感じで直感的には信じてません。光より早い速度のものは”ない”とかそんな0,100の話こそこの世にないでしょう。まあプロパガンダですね。というか一番上の動画の中で囚われの未来人が言っているように物理法則なんかもいつでも変わっていくもんだと思ってます。ww

みなさん各々の世界線でそれぞれ違っていくのです。世界線は無限です。

私の引き寄せの究極はずばりタイムリープすることです。

このブログがぷっつり止まってしまったらタイムリープしたんだなと思ってくだせえ。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大