新月の願い事を叶いやすくする方法

スポンサーリンク

僕はしょっちゅう願望実現のやり方をあちこちのサイト見て回ってるのですが

その中で新月のおまじないというのがあります。新月の時に願い事をするのが一番叶いやすいというものです。僕も時々見にいっている”運活部”というサイトが専門的に取り扱ってます。

「新月になってから8時間以内、遅くても48時間以内に願い事をすれば強力に実現する力が強まる。」

というものですが、新月の日は月の満ち欠けカレンダーで新月の日を調べたりしてるのですが、まあ忘れやすいです。気が付くと4,5日から2週間ほどたっていることがほとんど。

で、思ったんですがこの記事の一日前の”断言法”とかかなり前に今追加した書いた

スマホを使った引き寄せ、願望実現のやり方(当社比効果抜群)

で書いてた、「スマホアプリのメモ張に書いた願望実現リストを毎晩見てから寝る。」

というのを1か月ほど前からまた習慣つけることにしました。

(願望実現リストを毎晩見る行動は、録音アファメーションをタイマーで聞きながらねることを始めた時に録音アファやっておけばいいだろうと思ってやめていました。)

毎日願望実現リストを見ていれば新月の日の晩も自動的にお願いをしていることになることになるので新月の瞬間から遅くても48時間以内にお願いをするのは毎回達成できます。

これで2重の効果がでて願いがかないやすくなるだろうと思います。

毎日見る願望実現リストにははっきり結果がわかることはあまり書かなくて「毎日お金も仕事も十分に余裕を持っている」等少し曖昧なことが多く書いてあるので当社比になってしまうのですが、

願望実現リストを毎日見るやり方で叶う期間は経験上1年から2年くらいかかっていてリストに書いてあるうちの50%くらいの項目が叶っています。

ところでなんで月は満ち欠けすると思いますか?地球の影に入るのではなくて、地球上から見る角度で太陽の光が月に当たる面の大きさが違って見えるからです。(今調べた(^^))

新月の時は”地球ー月ー太陽”の並びになって太陽の光が月に当たる面の反対側を見てるので月が消えているように見えます。太陽見たときに丁度月が真ん前にある時になるので月から何らかのパワーがでていれば一番強い影響をもらっている配置になります。

太陽パワー+月パワーの形ですね。

逆に満月の時は前に太陽後ろに月、地球が真ん中で挟まれる形です。

ちなみに為替相場だと満月の時が円安ピーク(ドル高)、新月が円高ピーク(ドル安)になりやすいアノマリーがあります。時たま逆転します。エントリーに迷った時はこの月の周期のアノマリーも参考にしたりしてます。(投資は自己責任です。当ブログは一切責任を負いません。)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大