現代日本の構造は1割の人間で9割を支えてるのではないか

スポンサーリンク

私は思うのですがたとえば政治経済の番組とかニュースとかでよく下のような絵がでてきますよね。

これは「今の日本はこのままだと年金暮らしの人が増えすぎてそれを少ない労働人口で支えていかなければ大変だ」

「このせいで政府の財源が不足しているから増税しないと」

などというミスリード場面で使われます。

年金を負担する人たちのイラスト(神輿型)

だけど、ちょっと待って下さい。人間って結局のところ衣食住があれば生きていけるではないですか、その他必要な工業製品の生産も現代生活を暮らす上で必要ものだと思います。

でも実際にはその根本的な部分にかかわっていない人達もいっぱいいます。サービス業とか自由業、興業、そして公務員官僚政治家。その人たちはいわば正味の労働者が生産する経済からお金を吸収しているわけです。それを考えると実際の日本の構造としてはこのようなものになるのではないでしょうか。

上層は事実上労働しないでしゃべったり、人任せにしたり、経済流通の中抜きしたりして豪華な生活をしている人たちです。いわゆる綺麗な生活をしてる人たちです。いわゆるうまくやってる人たちです。

下層は働けど働けど上層の人達に労働価値をもっていかれます。まあ私も含めローン等でくびきされた事実上の奴隷ですね。

私は実際には下で支えてる人たちって1割くらいか、よくても2割くらいなのでは?と思います。(ユダヤの22:78の法則から考えてもよくて2割でしょう)

最近は「AIが仕事を奪う」とか言うのがはやりらしいです。AIって上側の人たちの内8割くらいは代替えできますよね。

それでなんか「AIが仕事を奪う」とかいって大衆をまたまたミスリードしようとしてますけど、いやいやそもそも仕事じゃねえだろとチューチュー吸ってるのが仕事だったろと。

だって上側の人たちってほとんど自分では動かないであーしろこーしろ言うだけでしょ?だったら公正でゴマすりになびかないAIのほうが100倍いいでしょ?

AIは電気代つかうくらいで無駄に不正でお金抜いたりもしませんし、下層の人間にとっては大歓迎、神降臨ってなもんです。

なんか共産主義みたいな記事になってしまっていますが共産主義は究極の独裁主義でもあるんで共産主義にはなってほしくないです。尤も一番上が公正なAIで完全な計画管理していくのが理想かもしれませんが。そうなると出産管理までされてしまいそう。

うーん。まとまりがなくなってしまった。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大