漫画喫茶アプレシオ久々行ったけど、絶妙な料金体系になっていた。

スポンサーリンク

たまたま早く会社上がったんで漫画喫茶アプレシオに行った。お金の節約の為にいつもオープン席に座るのだが、オープン席も3時間パック540円の料金システムが追加されていた。

通常料金だと60分300円でその後30分ごとに100円割り増しになる。さくっと1時間くらいで出る予定だったので通常料金コースに。

最近DVDで見た映画ヒミズの原作漫画読もうと思ったのだが置いてなくて、これまた久しく読んでなかくて巻が進んでいた”新黒沢 最強伝説”を読むことにした。

もうこれ趣味ですね。カイジのじゃんけんポーカー編をファーストのシャアとしたら新黒沢 最強伝説ってフラウと結婚後のハヤトみたいになっちゃって、毒気もスリルも抜けてしまってた。淡々と小分け完結のストーリーが続いていく。。唯一まともな顔した教授?も「~ぞな」とか教育テレビのキャラみたいなしゃべりしてたっけ?作者の福本伸行さん、もう金持ちがボケ防止に漫画書いてるみたいです。俺も金持ちになりたい。

まあ、福本さんはやめたくても辞めさせてもらえないんだろう。典型的なドラゴンボール状態である。カイジのほうはもっとひどい泥沼状態だが。

やはり漫画は10巻前後で完結するやつが一番いいね。寄生獣みたいな感じがいい。グダグダになることもなく物足りないということもなく。

が、6巻から10巻を読み終えるとなんと2時間半過ぎていて、640円払うことに。ああ、こんなことなら3時間パックにしとけばよかった。

というかゲオで2泊で借りるほうが安いではないか!

全くうまい値段設定だ、アプレシオの値段設定係は裏表街道生き抜いた兵か。

そういえば難波金融道も文字が多くて満喫には非効率な漫画だったなあ。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大