アマゾンプライムで新たな発見

スポンサーリンク

今日また今まで隠されていたことに気づいてしまった。私はアマゾンプライムの会員だったのだが、結構プライム会員後にレンタルビデオ屋で借りたDVDが実は無料で見れていたということに。というかアマゾンプライムの会員は多種の配信ビデオを無料で見れるという、そこに今日気づいた。これは単にあほだったな。なんという思い込みの強さだろう。5000円は損してる。メガネを頭に載せてメガネ探すようなベタさ加減である。アマゾンのスタート画面下半分のあれだけの広告に気づかないなんて。今日クリックしたら普通にただで見れた。メディアを見るのは金払わねばならないという、ここにも鬱者特有の”ねばならない”思考が邪魔してた。深夜ドラマでの続きは○○で配信してますっていう地上波では見れない続きの回(見たかった金と銀とか)も見れていた。

ーーこれから先は今日は話が堅くなるので飛ばしてもいいですよーー

しかし休みの最後の夜はほんと鬱になるよな。(今は日曜の夜)ご飯食べながらTV見てどんよりしてた。今日はいとうあさこが泣きながらがんばってて、いや、あさこさんは全然悪くない、頑張っててすごいと思います。あさこさんファンにはすまないが、だが、鬱にはああいう”必死にがんばる”っていうの見るのはつらいのです。家族が好きなもんでチャンネルは変えられなかった。明日もやりたくないことをやらなきゃならん自分に重ね合わせてしまう。お金、だよね。ローンさえなければとっくに辞めてる。ローンシステムを定着させた支配層ほんとずる賢いわ。やっぱり江戸のシステムはすごいわ、金なくても家賃無料だもんな。

あと退職金システム。自己都合だと退職金激減されるシステム。建前だと退職金積立してることになっているのに会社の裁量で増減されるとかおかしくないだろうか。法律で退職金積み立て禁止して給料に上乗せ、退職金そのものを禁止にしてくれんかな、それだけで人材の流動性が良くなり、雇側も無茶言えなくなって労働者自らがここで長くいたくなるような、労働者の働きやすい環境を構築してくれるのではないか?そして給料も週払いにしてやめたい時に次の給料日とか気にしないですっぱりやめれるようにしてほしい。判っているんだ、生き残れるのは強者ではなくて変化できるもの、変われる勇気を持つ者ってのは。自分は、まだ勇気なくて辞めるに至らず。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大