ひげ脱毛するとこうなる。脱毛器、脱毛サロン体験談。

スポンサーリンク

みなさん、毎日毎朝のひげそり嫌になりませんか?朝忙しい時にいちいちクリーム塗ってひげそりして時にカミソリの刃を横滑りさせようものなら「痛ッ!」と思った時にはすでに遅くツーっと血が滲み出してきてその日一日痛さに我慢するなんてことも。これはムダ毛処理に悩んでいる女性の方にも言えますね(*^_^*)

また少しだけ肌から伸びてきたヒゲは肌が黒ずんで見えて爽やかでない印象を相手に与えます。人間は出合って5秒間で視覚情報から相手を印象付けしてしまうといいます。この初対面時に相手に好印象を与えることはビジネス上はいうに及ばず恋愛関係においても超重要な要素になります。メラビアンの法則というのをご存知でしょうか、人が相手に与える印象として”話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。”というものです。見た目を良くすればそれだけで人生上得することになります。

一般的にみなさんヒゲを生やした男性をみてどう思うでしょうか。「ひげ 印象 アンケート」で検索してみるとどのサイトも7割から8割くらいの女性がきれいにひげを剃った男性のほうが好きという結果になっています。中には「ヒゲが許されるのはイケメンだけ」と結論つけているサイトも。「・・・でもイケメンに限る」。はい例のフレーズですね。

まあヒゲのあるなしを見るアンケートなんて結局脱毛関係の会社が行っているのがほとんどなので「ひげがあるほうが好き」となる結果になるほうが珍しいのですが、でも皆さん、よくテレビとかで街頭アンケートの場面とかが映った時に同じような人でも

1.剃ってはいるけど青肌(皮膚に潜ったヒゲが見えている)

2.夜になって短く生えたヒゲがうす黒く見えている

3.スッキリつやつや肌

この中でどれが一番気持ちよくみてられるかといえばやはりスッキリした顔ではないでしょうか。

僕の場合1の青髭で悩んでいました。スッキリつやつや肌にあこがれていました。

僕は頭皮もそうなのですが毛が寝て生えています。細かく言うと皮膚表面に対して浅い角度でヒゲ、髪が生えている体質です。するとどうなるか下図のようにうっすら皮膚内部の残った毛根部分のけひげが見えてしまい、見た目もきもい青髭となって見えてしまっていました。

それに僕は色が白いのでなおさら青ヒゲが目立ってしまう始末。

結論からいうとこの青髭現象対策としては

A.ヒゲを抜いてしまう。

B.芸能人のように濃いファンデーションで青髭跡を隠す

しかありません。

最初の頃は毛抜でひげを抜いていました。

このヒゲを抜く作業、やってみると以外にのめり込んでしまい、1時間、2時間と夢中で経過して髪の上に抜いたヒゲが無数に立つという状態になります。(なかなかに人には見せられない光景)

これやったことがある人はわかると思いますが毛抜で毛を抜くと毛根の周りの皮膚の細胞まで一緒に毛と一緒にとれてしまい、ひどいと血がでてきたりします。それに何十本と抜いたその日はいいのですが数日後細菌が入ってしまうのか水疱になってしまったり、赤くポツポツ腫れてしまったりします。(水疱に膨らんだ毛穴は周りを押すと薄黄緑色の体液が毛穴から絞り出されてきます。)

それから抜いてもスッキリ状態が持つのはせいぜい5日でそのうちまた毛が生えてきてしまい、元のもくあみに・・

スポンサーリンク

※ 家庭用脱毛器を使う場合(体験談あり)

ここはしっかり脱毛したほうがいいのではないか?ということで最初の脱毛対策として雑誌に載っていた比較的お手頃価格の高周波脱毛器を買いました。当時のものはないですが今のものだとこのようなものです。

この高周波脱毛器なるもの毛を一本一本電気が流れるピンセットで挟んで20秒くらい電気流した後、そのまま抜くという作業を繰り返します。この電気を流している時毛根組織を破壊して次の毛をはえにくくするというのが原理です。

正直言ってなかなかに面倒くさい。もちろん一日では終わるわけがなくて例えばあご周りだけでも3日くらいかかっていた気がします。それとなぜかこの高周波脱毛器というカテゴリー、30分以上は連続使用しないでくださいという注意書きがありました。(まあ実際は2時間くらい使ってましたけど)

効果といえば、次の毛が生えてくるまでの周期は確かに遅くなりますが、やはり時間がたてばまた生えてきます。3ヶ月に一度くらいはまた毛抜作業繰り返さないといけない状態でした。

ここでもう一つの家庭用脱毛器のカテゴリー、レーザー脱毛器について僕の弟が使っていたので書いておきます。基本構造としてはエステで使っているものと同じ、狭い範囲の皮膚にレーザーを当てると毛が黒いので毛が集中的にレーザーエネルギーを吸収して結果毛根の発毛組織を破壊して次の毛を生えにくくするという仕組み。毛根に作用して毛を生えにくくするというのは高周波脱毛器と同じですが、レーザーの場合、レーザー照射面積の範囲の毛に一気に作用し、且つ照射時間も短時間で済む為、ピンセットで一本一本処理する高周波脱毛器に比べ圧倒的に処理時間は早くなります。ちなみに下記のものが今の売れ筋です。

楽天家電約198万品目でランキング第1位!「ケノン」



家庭用レーザー脱毛器もやはり1回で効果がでるものではなく、継続して使っていかないと効果が見えてこないそうです(弟談)のでそこは楽しみながら使って行きましょう。

※ 専門の脱毛店に行く場合(体験談あり)

脱毛には脱毛サロンに通うという方法もあります。これは専門店に行くだけあって少々お金がかかる上に回数制限もありますが、効果はわりと劇的に体験できます。

僕は青山にあるサロンに通っていた時がありました。そこは元々美容皮膚科クリニックなのですが、男性向けにお顔のヒゲ脱毛もやっているというのでネットで調べていってきました。やはり少しは医療に絡んだお店(クリニック)でないと不安だったからというのもあります。

名前は「南青山スキンケアクリニック」といいます。(特にこれで私が宣伝費もらってるわけではありません。)

そこの客層としては女性向けのクリニックなので女性男性比率は5:1くらいのものでした。最初にカウンセリングして注意点とか、コースの説明とかあります。僕は口周りの脱毛したのですが完了するまでには5、6回の通院が必要で1回ずつ払いだと1万2千円、まとめ払いだと5万円だったと思います。(当時、現在の価格は1回1万円になって少し安くなってました。)

今のHPだと1回数分で終わるとなってますが僕が行っていた時は、

1.まずレーザー照射する部分の顔そり

2.ジェルを塗って顔冷却

3.レーザー照射

これが割とチクチクと痛いです。ピッ、ピッという感じでプローブをずらしながらレーザーを当てます。施術室は個室になっており、毎回女性の方がやってくれてました。正直これかなりの気分転換、ストレス解消になってました。

4.その後洗顔して終わりです。

毛には毛周期というものがありまして、毛根各々が成長期、退行期、休止期というのを3週間から1ヶ月周期で繰り返しているので今見えている毛を全て脱毛処理したとしても休止期の毛には脱毛処理されてないので時間がたつと成長期になった毛がまた生えてきてしまいます。なので期間を置いて繰り返し脱毛処理する必要があります。

僕の場合は2週間に一度の割で通っていました。

レーザー脱毛すると面白くて処理された毛は皮膚の外に飛び出してきます。4mmくらいの短い黒い毛が皮膚表面に飛び出してくるのはなかなか面白い光景。施術直後にもかなりでてくるのですが、半分くらいは時間をおいてでてくるので、クリニックをでて帰りの駅についた頃結構アゴ周りに毛がピョコピョコ出た状態になるので、「お、これは恥ずかしい」状態になります。マスクしていったほうがいいかもしれません。

5.6回通うとほぼ全部毛周期をカバーしてつるつるになります。

さて問題の持続期間ですが僕の場合1年くらいは次が生えてきませんでした。2、3年経った頃から最初はアゴ周りのひげが復活してきて4,5年後くらいには普通に戻ってました。

鼻下は7.8年くらいまでは2,3本生えてるくらいでこの部位は結構無毛が長持ちしてて、このままおじいちゃんになったら鼻下だけ2,3本しかヒゲがのびない変なじじいになりそうだと思っていたら10年過ぎたあたりから鼻下もこれまた普通に元に戻ってしまいました。

脱毛サロンは複数回パック料金でまとめ払いを進められますが、途中で嫌だなやめようと思ってもパック料金を払ってしまっていると規定回数分通わないといけなくなります。

また僕の体験から脱毛というものは時間が経つともどってしまうことが多いため、複数回通うことになると思いますが回数には個人差が出てきますので回数は自分で決められる都度払いでリーズナブルのところが良いと思います。途中でやめたい場合も気軽にやめられます。

僕も単発払いで受けておりました。下記のフィーゴというところでは僕が払っていた金額の半額が通常料金で今なら初回3000円なので僕が払っていた金額の1/4です。

figo(フィーゴ)

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大