私の自己啓発セミナー体験記⑤

スポンサーリンク

私の自己啓発セミナー体験記④からの続き

自己啓発セミナー第2段階である。ほとんどの団体が第2段階は3泊4日の合宿形式を取る。普通に都心近郊のホテルでやるところもあるようだが、僕が行ったところは離れたところでやるということで、参加者はバスに乗り込む。

それぞれの紹介者がいつものハイテンションで見送りにきており、賑やかな出発風景である。

行先を知らされないまま、夕方バスは出発した。

バスはとある湖のほとりのホテルに到着。部屋は男女別で8人部屋とかそんな感じで寝た。

一夜明けてセミナー一日目、会場のホテル宴会場に行ったところ、異変に気付いた。

(つд⊂)ゴシゴシ (゚д゚)  (つд⊂)(゚д゚) Σ(゚Д゚)

第一段階で惚れた子が来てないやないかーい!。

もう楽しみは半減。やる気も激減。しかもなんかこの時点で表にこそ出さないが、何組かもういい感じになってるカップルがいるなあと感じられ、さらにやる気が削がれた。

正直この第2段階の内容は第1段階より覚えてないが思い出したものを書くと。

 飛行機事故のシュミレーション

部屋を薄暗くして、椅子に座る。飛行機に乗ってる感じ、その際、各自メモ帖とペンを持ってその時々の気持ちをメモするように言われる。

サポート員が持ち込んだラジカセから機内アナウンスと飛行機の飛ぶゴーという音が聞こえてくる。そのうちゴトゴトっと振動の効果音が流れ、エンジントラブルにですが心配しないでくださいとの機内アナウンス。

機内アナウンスはだんだん緊迫感を増してくる。エンジン音も大きくどんどん甲高くなり、かなりの大音量、そして大爆発音。見事に墜落したようだった。

結構のめりこめました。

この状態でしばらく時間が経過した後、穏やかな音楽が流れてきて病院のベッドで目を覚ました。とアナウンスがある。「あなたは新しいあなたに生まれ変わりました」と。

というストーリーの疑似体験である。終わって明るくなると、またまたうるうる泣いてる人たちがいた。

その後何人かが各自がメモした感情をシエア(発表)した。

最後に講師が、「明日亡くなってもいいように今を全力で生きよう。」と締める。(これ、スティーブジョブズの名セリフになってるけど、彼もセミナーに行ってたに違いない)

 呼吸法のワーク

なんか、ハアハアヒーとか例のお産の時の呼吸法に合わせて大声出して自分の中の悪いものを出そうというワーク。二人一組で行い、大声出してぐったりして終わった後に膝枕みたいにして一人がもう一人を優しくなでなでするというもの。

なんかこの第2段階は体動かす体操的なものが多かった気がする。

私の自己啓発セミナー体験記⑥へ続く。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大