私の自己啓発セミナー体験記⑦ー完

スポンサーリンク

私の自己啓発セミナー体験記⑥からの続き

最終日。みんなのパフォーマンスの時間だ。

ある者は女優やタレントになりきり、ある者は物語の主人公(動物である場合もある)、ある者は踊り踊ったり、ただ効果音がないためなにか変な感じである。

一連のパターンは決まっていて心に響いたと感じた人が(拍手だったか、挙手だったか忘れた)一定数以上になるとその人にあった曲(当時はドリカムや

FIELD OF VIEWとか応援ソング)が流れてきて左右に人が数人立って手を繋いでその上に寝かせて乗せてゆりかごにして、胴上げとかして、「おめでとう、よかったねー」なんて祝福するパターン。

現場はかなり盛り上がります。40過ぎのおっさんも号泣します。

最初のほうこそみんな緊張していたがさすがに30数人いるともうパターン化してしまい、仮装大賞の「え、これで合格?」みたいな感じで流れになってしまってた。

僕は洋画の人気シリーズの映画の主人公でした。

そんなこんなで合宿セミナーも終了。

終わると自分に根拠のない自信とポジティブパワーが付いて、これが1か月か2か月くらいは持ちました。

そしてまた帰ってから何日か後に第3段階への勧誘の為の集まりがあるのだが、第3段階は新しい会員をスカウトするのが主な任務と判っていたのでパスしました。合コンしようとか言って2,3回引っ張り出されたりして(行くなよ)結構長引いて勧誘されたなー。その飲み会は変なテンションの飲み会ですごい違和感ありまくりでした。

 振り返っての感想

自分はもう30近い時に受けたんですが、もしやりたい人がいたら20代前半までにやったほうが効き目はよりあると思う。

あと第1段階だけでも十分だと思った。お金もまだ安いですし、自分はまたやりたいとは思いませんが、いい経験でした。

第1段階で惚れた子は後で電話して聞いたら自分が参加した第2段階の次の月の回に参加していました。デートに誘ってみましたが、彼氏がいるので(しかも当時の自分より年上だと)とのこと。

彼氏がいるので。←これ何回聞いたことだろう。世の女子たちよ他に気の利いた断り方知らないのかい。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大