エネルギーの再生産システムはもう完成している?

スポンサーリンク

エネルギーの再生産システムって実はもうとっくに完成されてるんじゃないだろうか。時期的には2000年あたりから、出来事でいえば9.11あたりから。そのころISO9001だとかが流行りだし、会社にルールを押し付けて金を取るシステムが隆盛になった。あれこそステマの最たるものではないのか?なにせ苦労して書類作って金払って検査していただく、しかも1回で終わらず1年ごとに課金しなければいけない。といって実際の市場では別にISO9001や14001に入っているからといって受注増えるかと言えば、客先は安い会社に発注する。即ち無駄なことしてるほうがより損になる。だがすでに会社内にそれを糧にしている利権ポジションがあるためにやめられなくなっている。(まあでも最近はやっと無駄に気づきだした会社がISOから脱退しはじめてるが)

EUのやっていることは利権のための規制や規格を作っているだけ、なんでもありだった中国でさえ中国ROSEだとかCCCだとかの許認可を金払ってとらなければ営業できない。つまり世の中人の労働力を搾取する側が増えすぎている。この人たちは自分達は生み出さず、取るだけ。

加えて今や75%がサービス業、アメリカに至っては90%がサービス業。サービス業って生産しませんよね、つまり7割、9割生産しない人がいても経済は破綻しないし社会も破たんしない。この7割、9割の人たちは無理して動いてるけどどうせ生産しないならみんなで日曜だけ働いて月曜から土曜までなにもしないでいても社会は回るわけですよ。人間の活動って食料生産、消費も含め、根源はエネルギーの生産消費だけど、今やもう極端に言えば全世界の人類を賄えるだけのエネルギー自動生産システムはできていて、実は大半の、9割くらいの人間は働かなくても生きていけるシステムは出来上がってるんじゃないか。それを無理やりサービス業とか虚業で金を回しているんではないのだろうか。もちろん一部の上級市民が優雅な生活を送るために。社畜としてがんばってエネルギー生産システムのおこぼれをちょっとでも下級国民が得ようものなら個人的、社会的な課金システムですぐに奪っていく。なんというばかばかしさ。

実はベーシックインカムやっても全然問題ない状態になっているんではないだろうか。でもまあ別の星あるいは別の次元の人たちが現れて無理やりディスクローズと変革でもしなければ変わらなさそうだ。

金持ちはリスクヘッジで金を買いあさっておるが、金でさえ、海水から金を安く取り出すシステムはもう出来上がっているはず。ただ公にしてしまうともちろん金の価値の大暴落が起こって上級市民が損してしまうので現状維持と。

宇宙人でも地底人でもガーっと現れてほしい。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大